読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふしぎなはきだめ

ふしぎな場所だよ

後楽園の弱ペダコラボで次元の壁を越えあの世で結婚式を祝わされた話

 

 後楽園駅で待ち合わせ、東京ドームシティ×弱虫ペダルのコラボイベントに熱狂的なT2クラスタの友人と行ってきました。
自分「ニュージェネのEDすごかったね、T2のやつ」
友人「T2結婚おめでとう……T2結婚おめでとう……」
 そんな事を話しながらチケットを買って遊園地へ。飯を食い、観覧車などをしばし楽しむ。
「あそこに青八木がいる!」
 友人がめざとく見つけたのは『ピクシーカップ』、ひらたく言えばコーヒーカップの乗り物。
自分「T2が並んどる!(パシャパシャ)」
友人「二人の等身大パネルが隣同士に配置されとる!(パシャパシャ)」

f:id:paziro:20170205191815j:plain

 ひとしきり撮影を楽しんだ後、
「どうする?」「まぁ乗ってみるべ」と適当にコーヒーカップに乗り込む事に。それが黄泉の国への片道切符だとも知らず……。

 コーヒーカップが動き出すと同時に流れ出したのは『ナウオアネバー』
自分(これ、あのEDで流れた曲じゃん)
友人「ああああぁぁぁぁぁあああぁぁぁぁ!!」
自分「どうした!?」
友人「T2ちゃあああああぁぁぁぁぁん!!」
 ナウオアネバーに煽られ、狂ったようにカップを回転させはじめる友人。
自分「やめろ! 胃の中身が飛び出る! 脳みそがシェイクされる! やめろ、やめろおおおぉぉぉ!!」
友人「あっひゃっひゃっひゃ!! ひゃっひゃっひゃっひゃっひゃ!!」
 腹の中を暴れまわる昼食のみそ汁! 頭の中を駆け巡る脳汁! 体中の血液が遠心力で末端に集められたときに、意識は三次元を飛び越えて二次元から四次元にまで霧散する 流れるナウオアネバー! 頭をかち割るような頭痛! ナウオアネバー! 逃れられぬ高回転! だったら……2にするか……!

自分「T2の結婚式……実在したというのか……!?」
友人「ヒヒ……ヒヒヒヒヒ……」

 

f:id:paziro:20170205191910j:plain

 すべてが終わった我々は、植え込みのそばでがっくりと肩を落として座り込んでいた。
 そばでは水しぶきを上げる遊具に群がり、無邪気に遊ぶ子供たち。
自分「なんだったんだ今の体験は……あの次元の向こう側は……」
友人「…………」
自分「でも、いいんだ。やっと、やっと現実の世界に帰って来れたんだ。やっと元の世界に……」
 生還を喜ぶ私の前で、遊具はいきなりミストを発生させる。辺りは怪しげな霧に包み込まれる。

f:id:paziro:20170205192024j:plain


自分「なんだここは……三途の川……?」
 ここはどこだ? 遠くからナウオアネバーが聞こえる。まだ目が回っている。T2の等身大パネルを白い霧が包み込んだ。吐きそうだ。ナウオアネバーが風に乗って聞こえてくる。
自分「遊園地のアトラクションを丸々ひとつ使ってT2の結婚式を祝うなんて……狂ってやがるぜ……」

 頭が割れる。霧で視界が真っ白になる。子供たちが笑っている

 どこからか歌が聞こえる……ナウオアネバー……あっ!

f:id:paziro:20170205192126j:plain

f:id:paziro:20170205192146j:plain


 てしま じゅんた さん  あおやぎ はじめ さん

 ごけっこん おめでとう ございます


『弱虫ペダル NEW GENERATION』ノンクレジットEDムービー(「ナウオアネバー」佐伯ユウスケ)